PS4やPS Vita TVやPSVita値下げでソニーの話題がつきないこの時期に、なんと
PS3(型番CECH-2000A)がYLODで壊れました…


※左(TOX仕様)=新しいPS3、右=壊れたPS3

結論から先に書くと、2台目(TOX仕様の上位型番)が家にあったので全く問題はなかったんですが、色々調べてたので個人的にまとめ。
同じ症状に陥って検索でこの記事を見つけたよ!という方は
修理するか or 新しいの買うか、のどちらかで悩んでいる人が多いと思うので
参考になれば幸いです。ならなかったらごめんなさい。
あと間違えている可能性もあるので、このブログ以外にも情報収集をした方がいいです。

自分のPS3の型番を確認しておこう

PS3型番一覧
パッケージ箱に書いてあります。箱を捨てた人はPS3本体の後ろに書いてあります。


どうやって壊れたの?


自分の場合は

→何度かPS3の起動スイッチを入れるとまぐれで起動することが数回
→そのままゲームで遊んでると突然ゲーム画面にノイズが走る
→PS3を終了
→PS3の起動スイッチを押しても緑ランプからすぐ赤点滅になって本体が起動しなくなった
※本体を完全に冷やした後に起動しても起動しない

でした。

YLODって何ですか?

PS3の電源を入れると緑ランプになるけどすぐ赤点滅でPS3本体が起動しない症状です。
画面は一瞬映る「こともあります」が、すぐPS3本体の電源が落ちるので何もうつりません。
セーブモードは起動できません。


xbox360のRLODと似たような症状だそうです(自分は発生したことがないので詳しく知りたい人はググッてください)
基板設計ミスで、だいたい購入して3年目から発生しやすくなるそうです。
基板の設計ミスなので修理してもいずれ再発する可能性がある。
YLODは基板が壊れているが、HDDは生きてる可能性がある。


自分はPS3ゲームでしかPS3を使っていないのであまり大きなダメージは無かったのですが
トルネとか外部接続媒体を沢山繋げてる人は気をつけたほうがいいと思います。

ある日突然YLODがきます。予兆はほとんどありません。
せいぜいフリーズがちょっと多くなるか、PS3本体がいつもより熱を持ってる?(疑問形)と思うくらいです。
日頃から扇風機をあててPS3を冷却していた、という人でもYLODが発生してるので(自分もそうでした)発生したらどうしようもないです。

故障の専門的な詳しい話はPS3故障についてのまとめwikiに書いてありますので詳しく知りたい方はそちらへ。


YLODが発生したらどうしたらいいの?


・ソニー公式で修理
基板交換(12600円~)修理価格一覧はこのページ
公式で修理するとHDD初期化になるのでセーブデータがすべて消える。
※基板交換で修理してくれるが、交換した基板が新品ではなく、YLOD修理済みだった場合
根本的な解決になってない(結局また壊れる)
新品の基板と交換してくれるかどうかはわからない。


Sony Computer Entertainment Japan オンライン修理受付サービスフォーム


修理するくらいなら最新版に近い型番を安く(18000円~)売りますよ、と提案をしてくれることもあるので
一度サポートに問い合わせると良い。


・非公式で修理
公式より修理価格が安い。
セーブデータは消えない。
※「修理」であって「基板交換」ではないことが多いのでYLODがまた発生する可能性がある。
非公式で修理するので、再度壊れた時に公式のサポートがうけられない。


・基板を自分で修理する
ヒートガン(ホットガン)を持ってる人向け(ドライヤーでは直せません)
ホームセンターに売ってますが、まず一般家庭では持ってないと思われる。
PS3の分解はかなりめんどくさいので自力でできる人向け。
詳しくはこちらへ→PS3故障についてのまとめwiki
壊れるたびに自分で修理できるならこれが一番安い。

・新しいPS3を買う
型番3000A以降は基板設計が直ってるらしい(噂)?ので新しいPS3を買う。
壊れたPS3はHDDだけぬきとって外付けHDDケースなどに入れて再利用する。


※「ドライヤー修理」について
グーグルなどで「PS3 故障」とかで検索するとやたら出てくる「ドライヤー」ですが一時的にしか復活できません。
(復活できない場合もあります)
「データ転送ユーティリティー」の時の最終手段で使うための方法なので
「いきなりドライヤーで修理に挑戦!」はやめましょう。




修理してもまた壊れるならどーすりゃいいの!


・新しいPS3を買う
型番3000A以降は基板設計が直ってるらしい(噂)?とのこと。
現時点では報告が少ない?だけで本当に噂だけかもしれません。
何にせよ新しい型番は色々と修正が入っているもの。薄い、消費電力が少ない、といいことだらけ。
前述してますが「公式サポートで最新に近い型番を安く売りますよ」と提案されることがあるので一度は問い合わせてみよう。


新しいPS3を購入したとして、セーブデータはどうなる?


PS3データのバックアップ方法/データ転送方法(ソニー公式)
一覧表付きで詳しく載っています。
ゲームのセーブデータはいくつかの方法でデータ移動することができます。


・バックアップユーティリティー
日頃から手動で外部記憶メディアにセーブデータのバックアップを取ってる人向けです。
新しいPS3のHDDにリストア(復元)すれば完了です。
この方法はコピー禁止のデータは復元できません。

・新しいPS3を購入して「データ転送ユーティリティー」でデータを移動させて使う
転送ユーティリティーのやり方(ソニー公式ページ)
データ転送ユーティリティーを使うには、どちらのPS3(新/壊)も「本体バージョンが同じで、起動してある状態」であることが必須です。
YLODの壊れ方にもよりますが、何度か挑戦すると起動することがあるなら(ドライヤーでも可)
その間に「データ転送ユーティリティー」で新しいPS3に移動させてしまいましょう。

※本体ストレージのコピーなので、受信側(新しいPS3)の元のデータは全て上書きで消されます。
新しいPS3は最初から空なので問題ないですが、そうでない人は注意。


・ps+のセーブデータお預かりサービスを使ってるなら新しいPS3でSEN(※PSN)にログインする
ps+のセーブデータお預かり詳細(ファミ通)
※この方法はセーブデータは戻ってきますが、メールデータなどは戻ってきません。
ただし、ps+期間中はセーブデータを随時同期してくれる設定がある(オン/オフ)ので
手動バックアップがめんどくさい人にはとてもオススメです(ただし毎月金がかかる)

新しいPS3で今まで使っていたSEN(※PSN)にログインします(メールアドレスとパスワードを忘れないように)
ps+のストレージから新しいPS3にコピーして完了。

セーブデータお預かりサービスはps+退会後、6ヶ月間はデータを保存しておいてくれるそうです。

※2012年2月8日より"PlayStation Networkアカウント"は"Sony Entertainment Networkアカウント"に名称変更


新しいPS3を購入したとして、トロフィーデータやフレンドはどうなる?

トロフィーデータは事前にオンラインで同期さえしてあればソニー側で持っててくれるので、新しいPS3で今までのSENアカウントでログインすれば自動的に同期をとってくれます。
日頃からトロフィーは取得したらオンラインで同期しておくようにしましょう。

フレンドも新しいPS3でSEN(※PSN)にログインすればちゃんと表示されます。


で、自分はどのように対処したか

もう一台PS3があるのでps+のセーブデータお預かりサービスからセーブデータをコピー。
トロフィーはLV13の60%くらいでしたが新しいPS3に同期するのに10分くらいかかりました。
古いPS3の修理は現状放置。HDDは外付けHDDケースに入れて再利用することにしました。


YLODは修理しても数年後にはまた壊れるので新しいPS3を買うか、PS4を買うまでのつなぎとして修理するか、は悩みどころです。




結論;道具はいつか壊れる!…けど大事に使おう!

→壊れたPS3のHDDの再利用の記事(次記事)へ続く



PS3の型番一覧
amazonだと商品名に型番まで入っててわかりやすいので最新版をよく確認して購入しましょう。
店頭で購入する場合は箱に書いてあるのでよく確認しましょう。
ソニー公式の延長保証サービスに入ると安く修理できるので入っておくと安心かも。


(2015/10/1追記)PS4も値下げがきました。
PS3のゲームはPSNow(レンタル)でやっていくようです(サービス始まってます)
まだラインナップが乏しいですが今後の増えていくことを期待。



xbox360は3年保証を公式がやってくれているので新しいの買う前に購入日を確認した方がいいと思います。
HDDを換装するだけですぐデータ移動が完了するのでその点は非常に楽なんだなぁと思いました。