gn160819_04

夏なのでホラーゲーを1本遊ぼうかと思ったらホラーじゃなくて和風伝奇ノベルゲームでした。
最後まで丁寧に綺麗にまとまってる作品でした。
ネタバレが若干あるのでこれから遊びたい人は注意。
購入方法

今のところDL販売がメインでパッケージ版はとらのあなでの販売のみのようです。
DMM販売サイト(DL版)
とらのあな公式紹介サイト(パッケージ版)
入手難易度が少し高いです。
なお2016/8/19までDMMで半額セールをやってました。


祝姫とは

(妄想の)エログロが入りつつ1000年前にかけられた呪いを解除してハッピーエンド(ハッピーエンド?)というストーリー。
選択枠は無し。
クリア時間は個別ルート入るまで10時間くらい、各個別ルートが1時間半~2時間くらい。
総計17時間くらいでクリア。
シナリオは竜騎士07氏です。
背景がすごい綺麗だと思ってたら描いてるのmocha氏だった。そりゃ綺麗だわ。

エログロ要素は残念なことに「全て妄想」とかなりの序盤で明かされてしまうので恐怖心は全くわかなかったです。
そのためホラーゲーではないです(念のため二度言う)
ただしエログロ要素の内容が現実の世界で「すり替わっている」ようなシーンが多く違う意味でハラハラしました。うまくできてるなぁ。
最終的に主人公に全部救われたので良かったです。

gn160819_05

日常パートの話題はここが一番面白かった。
熱田家のフラグがこんなところにあったとはwwwwwwww
なお熱田君は最初から最後までサブキャラなのでメインルートには一切関わってきません。ご安心?を。
「ラブレターはトラップカードだぜ!」のセリフが面白くてお気に入りです。
明るいキャラで熱田が出てくるパートは大きな事件が発生しないので安心して遊べる(笑)

gn160819_06

「金の鹿、と書いて、何の漢字になるか知ってる?」
正解はこちら(goo辞書)
思わず「なるほどなぁ」とうなずいてしまった。
金色の鹿にもちゃんと意味があったっていう。

gn160819_07

「10年待った、100年待った、1000年待った!!」のセリフはよく出てきますがとっても良かったです。
声優さん(赤崎千夏さん)の演技がどの場面も素晴らしかったので久々に声優音声を飛ばさずに聞いていたシーンもかなりありました(普段は読み終わったらボイス音声は最後まで聞いてない)
メインキャラの中で黒神が一番呪い関連に関わっていて他のキャラクターはどちらかというと個人のお悩み相談室みたいな構成になってます。
お悩み内容はどのキャラも重め。

gn160819_08

一番好きキャラは雛形先生でした。
ボイスは一…げふげふ田中涼子さんです。
タレントさんの方ではなくて声優さんの方です(同姓同名注意)
もう最高ですね!耳が幸せとはこのことか!!!(大ファン)
裏の方だとめっちゃ有名な方ですがもっと(男性向け以外の)一般商業作品に沢山出て欲しいです(切実)(喰霊-零-よかったな~)

gn160819_09

「謝って欲しいときに土下座しろなんて普通は言わない。聞いたこと無い」といわれたことがリアルでありますが普通にいうと思うんですが。
椿子とリリアはメインの中であまり印象が無かったです(個人的意見)
あとキャラデザにリボンキャラ(髪飾りキャラ)が多くてここは不満でした。
先生以外全員髪飾りしてるのはもう少しバランスとって欲しかったです。

gn160819_10

主人公は超完璧人設定。
といっても「容姿がイケメンなやさしいお坊さん」みたいな性格で嫌味なキャラクターには全くなってません。
あまりにも「欲」がなさすぎる。
プレイ中盤で「この主人公はお坊さんみたいだなぁ」という印象を持つ人が多いと思います。
それもそのはずで呪いを断ち切るためのキャラのため雑念みたいな描写がほぼ全くといっていいほど無いです。
とにかく大活躍するしうじうじ悩むシーンはほぼ無いのでスカッと読めました。
かといって最初からスーパーヒーローというわけでもないバランスが良かったです。
やはり主人公が活躍する作品はいいですね。
一応ハーレム系作品なので「最終的に」出てくる女の子(先生除く)全員から人気者で好かれます。
最初から全員が高感度マックスな作品ではないので注意。

竜騎士07氏の作品といえば「顔芸」ですが主人公だけは顔芸無かったですね…さすがや…

gn160819_11

各メインキャラのルートが終わると最後に真相ルートが読めますが黒神十重がこれから生きていくために用意されたようなシナリオで面白かったです。さすがメインヒロイン。
あと全く「欲」を出さなかった涼からの行動もあったので最後のグランドフィナーレは良かったと思います。
プロレス展開はもう少し何とかならなかったのかw
少女達全員が救われたならハッピーエンドと言い切っても良いでしょう!


演出がくどくなくて地味ながらも良かったと思います。
近年はやたら戦闘パートで演出だらけのAVGが多くてうんざりすることが結構あるんですが祝姫は丁度よいバランスでした。
魅せるところはしっかり魅せてきますがそれ以外は王道堅実。
体験版ではコンフィング一式が全部排除だったらしいですが?製品版には一通りの機能はそろってます(オートセーブもある)

個人的に曲はあまり印象に残るものがなく(メイン曲除く)「うみねこ」の方がよかったかな…

よくも悪くも竜騎士07氏のシナリオなのでアンチの人には向かないかも。
この方の書くシナリオは展開の構成がいつもよく考えられていて中盤で最高潮に盛り上がってそこから一気にどん底に叩き落されるのがたまらない(褒め言葉)
祝姫はかなり一般向けに調整された作品なのでどん底っぷりが若干弱いですが逆に言えばクセが少ないので「ひぐらし」「うみねこ」が合わなかった人でも遊びやすいと思います。




最新作のトライアンソロジーは8/31発売です。
シナリオは田中ロミオ、竜騎士07、都乃河勇人のRewriteシナリオライター3人ですね。
発売は竜騎士07氏サークルの07th Expansionから。
同人ソフト扱いのようなので同人ショップで購入可能のようです。
すぐ商業移植されそうな気も…