gn190817_09

ダクソ風の死に&ボスゲー。ボスを倒すたびにステータスが下がって「弱くなる」ゲーム。ダクソ縛りプレイを楽しめる人にはオススメかもしれない。
-----------
PS4版タイトルは「シナー〜贖罪の刻〜 (Sinner: Sacrifice for Redemption)」
-----------

※2019/08/18 追記。エリアマップ画像など沢山追記。

※ネタバレ注意(ラスボス注意)
ストーリーはあってないようなものなのでボス攻略がネタバレみたいなゲームなのでこれから遊ぶつもりの人は注意してください。

『SINNER: Sacrifice for Redemption』プレイレビュー。戦うほどに“弱くなる”『ダークソウル』ライクな3Dアクション - ファミ通.com
「Sinner: Sacrifice for Redemption」,新たなボスや2つの新武器セット,新チャレンジが国内配信へ - 4Gamer.net
シナー〜贖罪の刻〜 - PS4 トロフィーまとめwiki

この作品はswitch版が先行配信でその後にPS4、Xbox One、PCで配信されました。
近年のswitchで取り扱うインディーズゲームはクオリティが高いものが多く(=任天堂に選ばれしインディーズ作品)日本語翻訳が最初から入っているので個人的に「switch版が出る」というだけで期待度が高いです。

gn190817_17

で、steam版を50%オフセールで975円で購入。
「ステータスダウン」(レベルダウン)システムでボスを倒す順番も重要。
ボス討伐後も「やっぱりやめた」(ボスは復活する)もできるのでやり直しは可能。
※ただしボスを再度倒す必要はある
いわゆる主人公の「レベルアップ」という概念はありません。
デスペナルティは無し。PC版は死亡時のロードは高速。

面白かったけど落下死する箇所が多すぎ。
死亡原因が7割落下

なので人に薦めにくい。
ボスを倒すたびに主人公のステータスが下がっていく「逆縛りプレイ」のためソウルシリーズの低SLとか好きな人は楽しめると思いますがそれ以外の人には非常に薦めにくい。

死にアクションゲームは「今自分がどういう状態で死んだか」を理解できないとプレイヤーが理不尽を感じるわけですがSINNERは「立ち回り完璧だったのに落ちて死んだ」が7割くらいと非常に多いのでそこを我慢できるかどうか。
switch版はカメラ操作がフリーに出来ない?とか他のサイトで見かけたので(今は修正されたのかな?)switch版を購入検討している人は注意してください。
フリーカメラでも落ちて死ぬ。

落ちる原因は大体この2種類しかない
1)なんでそこに穴があるんだ…で死ぬ
2)ボスに吹っ飛ばされてそのまま落とされて死ぬ
2は対処しやすいけど1は意外と難しい。
正しい立ち回りをしている時ほど周りが見えない。
戦いつつカメラ操作でエリア全体を見渡していくしかないです。

あと死んだ直後時にカメラが動かせない(死んでる最中に周囲を見渡せない)のはすごく困るのでこれは改善してほしいです。
死んだ原因を少しでも探したい(特に落ちた時はエリア周辺を確認したい)です。

回復タイミングも距離をあけて回復しようとすると回復狩り行動ばかりなので注意。
基本的に回復タイミングは完璧な立ち回りの時にボスの攻撃を回避後すぐ回復くらいになります。
下手に距離をあけると回復狩り連発で死ぬことが多いバランスになってます。

ゲームシステム上「ボスを完璧な立ち回りでハメて倒すかorハメられて殺されるか」のどっちかになる。
そのため1回ボスの攻撃の回避をミスって被弾するとそのままフルコンボで一瞬でやられる、というのが非常に多いです。ここにストレスを感じる人はオススメしません。
ボスの攻撃モーションを1つずつ対処方法を探って反撃していくゲームなのでボタン連打の無双アクションゲーではないのでそこだけは注意。

ボスモーションは1対1でじっくり戦えるようなモーションが多くソウルシリーズ風味。
モーションもわかりやすくつくられており、パリィの判定も緩めになってます。
PC版はPCスペックに左右されるので出来るだけ高スペックが望ましいですが自分は最低推奨スペックちょいくらいでもパリィ判定は特に問題ありませんでした。

以下、ボス攻略メモとボス感想などを倒した順番に。
RTA動画などがyoutubeにあがっているので攻略につまったら動画を見た方が確実です。

■エリアマップと犠牲内容

gn190817_19

▲画像をクリックで拡大可能
強欲なるフェズ・ティラス=体力とスタミナの上限が低下
傲慢なるロデス=攻撃力が低下
シャネルの色欲=ガードクラッシュ時に盾が破損
嫉妬深きレヴィン・アンドック=アイテムの使用可能回数が減る
暴食のカンバー・ルス=ポーションの使用回数が減り、回復速度が低下
怠惰なるヨルド=スタミナが減ると脱力状態になる
憤怒のアグロン=防御力が下がり、自然回復しない
臆病なるモディック=追加のDLCコンテンツ。シャネルの色欲をクリアで出現。
原罪=ラスボス。犠牲無し。

★覚えておくとよいこと
・大剣でもパリィとガードは出来る
パリィ判定は多分片手剣の盾パリィの方がゆるめ?でやりやすかったのでパリィ主体のボスは片手剣の方がオススメかもしれない。
全てのボスが大剣でもクリアはできるようになっているのでパリィが苦手な人は全部大剣でもいいと思います。スタミナ管理には注意。
ゲームシステム上、最大スタミナ値が減って増えることは無いので盾ガードばかりしているとすぐスタミナ切れになる→パリィ主体になる→パリィせずに回避で大剣の立ち回りでもいい、こんな感じです。
gn190817_02

・ボス討伐後に「救済する」と最大HPが増える
・ボス討伐後に「ボスをそのまま切りつける」(救済しない)と最大HPは増えない
・エンディングは3種類
1)すべて救済
2)すべて救済しない
3)シャネルだけ救済してそれ以外は救済しない
1周目は最大HPが伸びる救済ルートがオススメです。
見たエンディングによってクリア後にもらえる武器が違う(全て救済しないだと武器はもらえない?すべて救済してないルートはやってないので自分は未確認)


gn190817_15

※回復以外のアイテムは使わなかったのでアイテム縛りの感想になってます。
※1周目救済ルートのクリアタイムは約4時間半した(上画像参照)
他のサイトの感想を読むと早い人で3時間、平均が4~7時間前後、遅い人でも13時間くらいのようです。
ソウルシリーズの低SL縛りプレイが好きな人なら自分と同じくらいのタイムになってくると思います。
(このサイトのソウルシリーズタグ(宮崎ゲー感想)はこちら

■嫉妬深きレヴィン・アンドック

アイテムの使用可能回数が減る

このゲームの最難関その1。
1周目では一番最初に倒した(2周目はシャネルの次に倒した)
2頭同時ボスで難易度がかなり高いので出来るだけステータスが下がってない状態で戦いたい。

gnr_190818_04

最初に出てくる金色っぽいのが「レヴィン・インドック」
黒っぽくて雷攻撃してくるのが「レヴィン・アンドック」

★最初に出てくる金色っぽい「レヴィン・インドック」
・片手剣を使ってパリィ→致命攻撃の繰り返し
・斧ブーメランはパリィ可能だがボスの攻撃発生速度が速いので狙うには難しい難易度
・短剣を3つ出したら雷の槍をボスに投げて無効化した方が良い
(短剣はガード可能)
・ボス中心に斧を出して来たら少し下がって斧のタイミングを見計らって前転ローリングして中に入って攻撃する
・距離を離すと突きをしてくるので確定でパリィが取れるように練習しておく
・基本は張り付きの立ち回りで反時計回り
・攻撃力が下がっていなければパリィでハメることが可能

★本体が入れ替わる時に吹っ飛ばし判定
・この時吹っ飛ばし判定で落とし穴に落とされることがあるので前兆が見えたら攻撃を控えて距離をあける
このゲームは吹っ飛ばし判定距離が長く落とし穴に落とされることが多いので注意

★黒っぽくて雷攻撃してくる「レヴィン・アンドック」
・遠距離攻撃が主体で攻撃パターンは少ないのでモーションをよく見る
・主人公の位置に上からピンポイントで落としてくる雷は意外と時間が長いので歩きでいいので動き回る
この時にボスに攻撃しているとボスの目の前に雷が落ちてきて被弾→ボスの攻撃に被弾のフルコンボで死ぬ
・ボス本体に雷が沢山まとってきたらボス中心の広範囲雷攻撃なので下がる
距離はボスから後ろに約ローリング2回分で身体に雷がまとっているのを確認してから後ろに歩いて下がっても間に合う

★2体同時
・アンドック(雷)が本体中心に雷を放出してる時にインドックが突きを高確率で出してくるのでそこをパリィしていくと戦いやすい
・1体にこだわりすぎて自分が死ぬことも多く、また落とし穴に落ちがちなのでエリアと2匹の動きをみつつ臨機応変に
gn190817_01

・2体が一斉に高速回転し始めたらエリアの柱のところに隠れてガード
(地面の雷は柱で回避できるがインドックがナイフを出してる場合ナイフが飛んでくることが多い)
この時一体が近くに停止しやすいのでチャンス
・残り1体になると上からシャンデリアが落ちてくるが当たっても大したダメージではないがそのままボスのコンボを入れられると危ないので最後の1体になったらできるだけ早く倒したい
(2体のHPをできるだけ両方少なくしておくのが良い)

■シャネルの色欲

ガードクラッシュ時に盾が破損する
※パリィは可能

gn190817_03

・このゲームの最難関その2
・パリィを狙うより一番最初のモーションを見て回避→1発攻撃の方がいいかもしれない
回避する場合は最初の攻撃モーションで右前奥か左前奥にローリングで回避する
1発目か2発目でローリング回避をして敵の後ろに回らないとその後のコンボの追尾性能が高くそのままやられることが多い
パリィするか回避するかは自分のやりやすい方で戦う
・バックしたら弓攻撃が来るので追いかけないで横に回避
・後半に苦しんだモーション中に切り続けると第三体型がスキップできる
攻撃力ダウンが無い場合は一気に押し切れるのでやった方が良い
(救済コマンドはその後にちゃんと出てくる)

コンボで連撃でやられることが多いボスなので敵の攻撃の1~2発目で回避orパリィして反撃ができるようになるとだいぶ楽になる。


★第三体型
gn190817_16

▲ボスがHPフル回復からの戦いになる
1周目は高速討伐してしまったので2周目に確認したんですが見事に男性器がモチーフ。
「色欲」なので男関係で何かあったっぽい設定みたいですね。
(ボス前ムービーで「色欲に狂った」みたいなことを語られるのとボスに舌がついてるデザインなので狂いすぎてしまってる模様)
せめて色くらいは何とかならなかったのか…

・モーションは非常にわかりやすいのでここまでこれたなら落ち着いて対処可能
・舌攻撃だけは気を付ける

シャネルはエンディング分岐するので救済するかしないかは先に決めておきましょう。

■強欲なるフェズ・ティラス

体力とスタミナの上限が下がる

・個人的に強敵その3
・毒と呪いボス
・毒状態は水に潜ると解除できる(水辺付近ではなく少し中に入ると一瞬でゲージが下がっていく)
・毒状態でHPが減っていくので憤怒のアグロン(自然回復しなくなる)や暴食のカンバー・ルス(ポーション使用回数が減る&回復速度ダウン)よりも前に倒しておきたい
・救済しないルートの場合は最大HPが伸びないので早めに倒しておきたい
・近距離攻撃1発目はパリィ可能だがそのまま移動を始めるときの羽に巻き込まれやすくそのまま雑魚敵に被弾することが多い
パリィしたい場合は追撃を控える
ローリング回避も容易で大剣を使う場合はローリング回避→1発当てるの方が移動時の羽に巻き込まれないので戦いやすく毒状態のゲージも低いのを維持しやすい
gn190817_05

・中盤にエリア中央の上に登って広範囲に毒をまき散らし始めたらエリア端っこに行くと毒が飛んでこない(屋根がある付近に逃げるように)
・さらにロケット弾が飛んで来たら屋根に上ると回避しやすい
・雑魚敵も多量にわいてくるので出来るだけ止まらないように
・最後に小さい死者を召喚するので回りながら攻撃して先に倒す
呪い攻撃なので放置しておくと呪いで死ぬ


■臆病なるモディック

犠牲無し(DLCコンテンツ)

DLCコンテンツ。出現条件はシャネルをクリア?
臆病=チキン
海外のインディーズはチキンをテーマにしてるゲームが多いな?!
犠牲は無いのでいつ倒してもよい

後から動画で知ったんですが頭を攻撃(大剣の縦切り)すると後半で頭と本体が分離し、頭を倒したかどうかで討伐後にもらえる武器が違うようです(?)
gn190817_06

自分は本体だけ攻撃して倒してしまったので双剣でしたが頭を倒すと大盾がもらえるみたい?
新武器はクリア後に次の週にも引き継げるのでエンディングで分岐なんじゃないか?クリアタイムで分岐?というのも見かけたので条件がちょっとよくわかりませんがモディックを倒した時点で新武器は使えるようになります。
gn190817_07


・基本は画面右側の足首(ボスの左足首)に位置どる
・頭を下げたら前転回避→ヒット&ウェイ
・距離を離すとすぐ大ジャンプで攻撃してくるので回復タイミングは近距離攻撃を避けてからすぐ回復した方が安全
・犠牲が無いのでなるべく早めに倒したい


■憤怒のアグロン

防御力が下がり、自然回復しなくなる


gn190817_04

・マグマエリアの巨大ボス
・もたもたしているとエリア端に追い込まれて時間ぎれする
・落下注意!!!!!!!!!!
・基本の立ち位置はボス目の前(カメラを少し上に)でボスと中距離以上にしない
・腕の叩きつけがきたらローリングで回避
攻撃判定はかなりぬるいので回避方向だけ気を付ける
・両手叩きつけモーションもローリングで回避して両手の内側から攻撃できるようにしておくと2発殴れる
・中距離以上に位置どると槍を連発で投げてきたり、炎の子分をばらまきしやすいので対応が困難になる
・落下注意!!!!(二度目)
・攻撃チャンスは少なくパリィも出来ないようなので1発の火力が高い大剣がオススメ

腕の回避に慣れれば後は繰り返し作業で落下死の方が怖くなるので回数をこなそう


■暴食のカンバー・ルス

ポーションの使用回数が減り、回復速度が低下する


gn190817_08

・氷エリアのボス
・落下注意!!!!!!!!(三度目)
・攻撃モーション自体は非常にわかりやすいので足や腕を目印にして回避→攻撃の繰り返し
ただしボスが同じ場所に叩きつけると地面が割れるので回避&攻撃するときは回りながら行うとボスの攻撃位置も少しずつずれていくので地面が割れにくくなる
(ヒビ中は割れるまでの間に逃げる余裕ができる)
・中盤の高速大回転は氷山にあてるとよろめくので大チャンス
HPが真ん中あたりまで減ってきたら氷山の近くで戦うようにしておく
・氷山を壊されてしまった場合その位置の「前方」に広範囲につららが降ってくるので回り込んで攻撃をする
・大きく口を開けて白く光っていたら回復しようとしているので攻撃しまくって中断させる
・ボスが落下すると復活するときに吹っ飛び判定があるのでローリングで回避する
回避しないと吹っ飛ばされたまま落とされることが多い
・慣れると落下の方が怖くなる
・落下注意!!!!!!!!(四度目)


■傲慢なるロデス

攻撃力が低下する


gn190817_09

デモンズソウルの巨人兵やんけ…お前こんなところにおったんか…なボス
開始直後の大ジャンプで踏まれるとトロフィーゲット

・攻撃モーションは非常にわかりやすいので丁寧に回避してヒット&ウェイ
・地面下からの三日月型の衝撃波は前転回避可能
・雑魚敵召喚は衝撃波などで同士討ちが可能(トロフィーも取得できる)
・ロケット連射は連射中に足元にいればすぐ下に落ちてくるので簡単に回避できるため距離は普段から明けすぎないように
・バックしたらすぐダッシュで追いかけて距離を詰めると反撃しやすい

難易度は暴食のカンバー・ルスと同じくらい。落下死をしにくい分こっちの方が簡単かもしれない。


■怠惰なるヨルド

スタミナが減ると脱力状態になる

※脱力状態=一定時間操作不能(その場で息切れモーションをする)
ボスに慣れるまで「息切れモーション」がわりと致命的になりやすいので極力後回しにしたいボス

gn190817_10

▲画像が暗いですが中央で旗を持っているのが本体

・雑魚が沢山いるが武器に旗がついている本体を狙う
・雑魚を倒しても意味がない
・ボスの攻撃はパリィ可能だが致命攻撃を当てているときに雑魚から囲まれてそのまま被弾しやすい
・自分は大剣で前転回避→1発→その場をすぐ離れる、の方が安定した
・中盤以降ボスを雑魚兵士が円中心に囲い始めたら雷の槍を投げると効果的
大剣で横に1発薙ぎ払って体制を崩していってもよい
・基本はエリアをボス中心にぐるぐる回って雑魚兵士が少な目の場所でボスに近づいて1発誘発→1発攻撃して回避、の繰り返し
・後半のボスが大剣モードになったらダッシュしまくって雑魚兵士の動きを誘発させつつ安全なタイミングでボスに1発の繰り返し
・走り回るエリアなのでスタミナ切れ(脱力状態)に十分注意する


■原罪(ラスボス)

gn190817_11

▲救済ルートだと最大HPがこれくらいになるのであまりペナルティとは感じない

主人公アダムの分身
・序盤はパリィ→致命攻撃
※こちらの攻撃もパリィしてくるので欲張って攻撃しすぎないように
・大剣を持ち始めたら2発目を前転回避し1~2発殴る
・連撃の3発目以降のホーミングが強いので2発目までに回避してボスの横~後ろ側にいないと被弾してそのまま一気にやられてしまうことが多い
回避さえできれば反撃のチャンス
・距離を離すと回復狩り攻撃を頻繁にしてくるので注意

gn190817_12

▲多分クリア後報酬


■クリア後

gn190817_13

▲DLCでの後からの追加要素のチャレンジモード
犠牲無しで全ボスのタイムアタックが可能。

gn190817_14

▲詳しい詳細も出るので(被弾回数とか)そういうのが好きな人向けです

gn190817_15

▲NG+(2週目)は条件付きの難易度設定が可能
4:36:47は1周目のクリアタイムです。


この作品は落下死だけは本当に何とかしてほしい。
モーションはインディーズとは思えないくらい丁寧な作りなので本当にもったいない…
ソウルシリーズの縛りプレイが好きな人で気になってる方は遊んでみてください。




箱コントローラーで遊んでましたがPS4コントローラーの方が装備とアイテム選択(十字キー)操作はやりやすいかもしれません。



▲自分はsteam版を50%オフセールで975円(購入時の日本円価格)で購入しました。



■関連記事
ソウルシリーズタグからどうぞ。
エスト瓶がアマゾンで購入可能な記事、宮崎ディレクターのサインの記事、ダクソイベント記事とか色々あります。

ソウルライク系のタグはこちらから。
Salt and sanctuary(ソルト アンド サンクチュアリ)SINNER(シナー)などがあります。

その他のインディーズゲームの感想は「インディーズ」タグ